読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

( ゚皿゚)

( ゚皿゚)

SL-Zaurus設定メモ(4)

もばいるもの

今日は長らく不満の種だったVNCクライアントのお話。
例によって2chZaurus関係のスレを巡回してたら、某あぷろだにSDL対応の謎のVNCクライアントがアップされてました。
今まで、リナザウ用のVNCクライアントというとKeypebble VNC Viewerしかなくて、しかもこのビューアはデータ転送にRawしか使えないので圧縮が効かず、AirH"とかの低速回線でどうこうするには相当ストレスの高いものだったのですが、試しに今回導入してみたモノはなかなか良い感じに使えてるようです。

どうやらfbvncとpalantirっていうクライアントを混ぜて作られたらしきこいつですが、リナザウがスペシャルカーネルになっている必要があったり、SDL邪道版やKeyhelper Appletを入れとかなければいけなかったりと敷居は高め。まあ導入じたいは大したことではないので楽ですが、使い心地はなかなか快適です。Keyhelperを活用してショートカットキー関連をうまく割り当ててあったり、基本的には見えている範囲のVGA領域しか更新しないのでスピードも上々。当然hextileなどの圧縮も効いてるのでAirH"の128kもしくは32kでも十分実用になる速度です。難点はSDLを使ってるんで他のアプリケーションには切り替えが効かないっていうコトぐらいですかね。
ともあれこれで、以前使っていたSigmarionIIIで出来てリナザウに出来なかったことがほぼ無くなったと云っていい気がします。