読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

( ゚皿゚)

( ゚皿゚)

そびえ立つ古城

───「ネクトロポス城へようこそ。城主様がお待ちでございます」
自らが白骨化したことさえ忘れるほどに仕事熱心な城の執事は、風通しのいいその眼窩を私に向け陰鬱たる声で告げた。
城主というのもおそらくは生きてはいないだろうが───分厚い扉の向こうは自分一人では生き残ることさえ難しい亡霊の巣窟であるように感じられた。こうして城門の前にさえ、凶悪な門番の目を盗んでようやくたどり着いたに過ぎないのだから。

ということで先日連れてってもらったネクトロポス城へのアクセスクエストを進めてみました。自分でも入れるようになってれば便利だしね。Dragoon Lieutenantっていう骨のモンスターさえ倒せれば後は決められた地点を回るだけなのでスカウトにはさほど難しくないようです。これの前にコモンランドでGeneral Vhar'Taugも倒せているのでブラッドスカルの谷ってとこにも行けるようになってましたが、入って見るものの敵が全部灰色の癖に全部いっせいに襲ってくるので断念しております。奥にはnamedとかもいたはずなんだけどね。
アクセスクエストを終えてLFGを出しつつNFで狩っていると24SHDと25INQからお誘い。AQ6のnamed倒して何とかの砦?にいきたいとのこと。その後28ASSも加えてひとまず海賊のおっさんを退治、その砦とやらへ、ってブラッドスカルの谷のことだったのね。マウリークの砦はどうやら全員が侵入権ないとダメなようだったので、前日にそのやんと二人で踏み込んでさっくりと殺されたGobblerock Hideoutを提案。とりあえず鍵を買いに行こう、とコモンランドに出ると、前々から探していたライトストーンのHelitageクエストのターゲットであるCaptain GaeaとCaptain Ogofに立て続けに遭遇。まさにここで会ったが百年目、とばかりに殺してクエストヒット〜。ゴブルロックの隠れ家は26〜のゴブリンが群れをなしてるところで、タンクがギリギリ耐え切れるかどうかっていうスリリングな状況だったものの調子よく踏破してnamedらしきゴブリンがいるところまで到達。途中さっそく得た知識でコンビHOとかのやり方を周りに指導してみたり。namedは残念ながら倒せなかったけどかなりいい経験値になりました。