読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

( ゚皿゚)

( ゚皿゚)

_| ̄|○ ...

さて、高速を飛ばしてたどり着きましたるは群馬県の山奥、四万温泉 湯の泉。今回のメンバーはいつも通りの運転手児未さんKOFさん、俺、今年はコミケ落選して仕事を入れちゃったきゃらめるさん、そして今回初参加のトマティ。

しかしそこで俺達を待っていたのはッ!

毎年2回コミケのあとに訪れるここ湯の泉(名前が付いてたのね、調べて初めて知ったよ)ですが、実は知る人ぞ知る山奥の秘湯と言った感じなんですよ。お湯の温度は調整されてるんですが、川辺に岩を組んでお湯を溜めてあるだけというか。脱衣所すらないこの場所、夏場はいいけど冬場は当然のように大雪で車は途中までしか踏み込めず、結構な距離を歩く羽目になります。(夏もある程度は歩かなきゃいけないけど)
車を降り、煌々とした月明かりの中雪中行軍して、いつものように何とか目的地にたどり着いた我々なわけですが...





orz
温泉、水だったよ...

実際だれが管理しているともなくいつもお湯が一定の温度に保たれてるのがありがたい状態だった訳ですが...何かの故障か管理ミスか(あとで調べたら無くなってたらしい)、お湯が来てませんでした。全員ガックリ状態で来た道引き返しですよ。写真はやけになって雪の上に腹ばいになってみたり、orzなポーズをとってみたりした中の一枚。日も出てなくて真っ暗だったけど結構撮れてるもんですね...
いやはや、何度も来たけど初めての経験ですよ。これは意地でもどこかの温泉に入らなければ年が越せないぞ!
というわけでカーナビ頼りに温泉街を探索だ〜
さらにつづく。